写真で見る!「黒岩日記」 2018年4月9日

掲載日:2018年4月9日

平成30年4月9日(月曜) 大岡川親水施設を現場訪問

挨拶

 本日行われた「黒岩祐治が行く!神奈川の現場」では、横浜市内を流れる二級河川大岡川に整備した親水施設を船でめぐり、地元関係者の皆様と意見交換を行いました。
 これまで県では、大岡川沿川に、「大岡川夢ロード」や「横浜日ノ出桟橋」などの複数の親水施設を整備してきました。それに伴い、大岡川では近年水上レクレーションのニーズが高まる一方、親水施設を活用したまちづくりの動きが活発化しています。
 まず、船上で地元関係者から「関内関外地区活性化協議会」の取組みについて報告していただきました。

視察

 次に、「大岡川夢ロード」を視察しました。明治時代の旧護岸や荷上場を修復・保全するなど、
歴史を感じる場所としても整備され、地元関係者から「安全航行ガイド」の取組みを船上で報告していただきました。

横浜日の出桟橋

 続いて、「横浜日ノ出桟橋」を視察しました。浮桟橋を設置することにより、水上交通に利用しやすい施設として、イベント等で活用されており、地元関係者から「よこはま都心部水上交通実行委員会」の取組みを船上で報告していただきました。

大岡川桜桟橋

 続いて、「大岡川桜桟橋」を視察しました。船着場としての機能をもたせた場所で、カヌーやSUP 等に利用されており、地元関係者から「新たな親水護岸施設」の取組みを船上で報告していただきました。

集合写真

 最後に、横浜日ノ出桟橋の広場で、地元関係者の皆様と記念撮影を行いました。今後、川づくりとまちづくりが一体となった取組みをさらに進めていくことを確認しました。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • マグカル
  • ともに生きる