写真で見る!「黒岩日記」 2019年3月9日

掲載日:2019年3月9日

平成31年3月9日(土曜)平成30年度神奈川県国民保護共同実動訓練

19030901知事

国、横浜市、藤沢市と共催で、「横浜港大さん橋国際客船ターミナル」、東京2020オリンピック競技大会の野球・ソフトボール会場となる「横浜スタジアム」、「横浜市営地下鉄湘南台駅」の3会場で「神奈川県国民保護共同実動訓練」を実施しました。

 3会場で同時多発的にテロが発生した想定で、私は、「大さん橋」と「横浜スタジアム」の訓練を視察しました。
 大さん橋では、横浜港を航行中の大型客船内で爆破テロが発生した事案を想定し、海上で逃走する不審な船の捕捉や、船内の負傷者の救出・救助などが行われました。

19030902船

19030903搬送

 横浜スタジアムでは、試合観戦中に爆破テロが発生した事案を想定し、避難誘導などの初動対応や被災者の救出、救護、搬送などに加えて、現場医療の訓練も実施しました。

19030904スタジアム

19030905爆破

19030906トリアージ

19030907スタジアム搬送

19030908球場内

 消防、警察、海上保安庁、自衛隊、医療チーム、企業、ボランティアの皆さんなど、総勢66機関、約1300名の方々が参加、真剣に訓練に取り組んでくださいました。

19030909総括

 訓練の閉会式で講評しました。
 一人でも多くのいのちを救うため、被害者の救出・救助、救急搬送、さらに現場医療が行われるためには、多くの関係機関の連携が不可欠であると、今日、あらためて強く感じました。

 今後も、訓練で培った関係機関相互の顔の見える関係を大事にして、連携強化を図ってまいります。

 

 

 

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa